誰もが共感するセフレにしやすい女性の特徴

セフレを探すときに注意しなくてはいけないのが、どんなにあなたに魅力があったとしても、セフレという関係じたい、お断りという女性も多いということです。エッチをするなら恋人になるべき、と思っている女性も多いので、こういう相手に対しては恋人として付き合うつもりがあるかどうかはあいまいにしたまま、うまくセックスをさせてもらい、ずるずるとセフレの関係に持ち込む、という方法をとるのも有効かもしれません。しかし、そういうのが面倒くさいという男性はセフレにしやすい女性と、そうでない女性を見極めて、セフレにしやすそうな女性に狙いを絞るのが、効果的な方法です。

恋愛を友情より優先する

ではどのようなポイントで、セフレにしやすい女性かどうかを見極めればいいのでしょうか? ひとつ言えるのが、同性との友情よりも、異性を優先しがちな女性はセフレにしやすい、ということです。あなたからデートの誘いがあったら、友達との先約をすっぽかしてでも来てくれるような女性はセフレにしやすいといえるかもしれません。

世話を焼くのがスキ

そして、男性の世話を焼くのが好きだったりあるいは後輩の男子にあれこれ指図をせずにはいられないような、面倒見のよい姉御肌の女性はセフレにしやすいものです。ちょっとしたことで母性本能を刺激されやすいのも、その一因かもしれません。女性のそういう本性が現れるのが飲み会。居酒屋でサラダを取り分けたりあるいは空いたお皿を店員さんの回収しやすいような場所に重ねて置いておくような女性は狙い目だと言っていいでしょう。

また、そういう女性は頼りにされることをみずから望んでいるもの。他人の世話を焼いている女性はそのことを自分の存在意義だと感じている場合も多いので、たとえば年下の男子に甘えられたりすると、よけい、がんばってしまうのです。このような女性には積極的に甘えるようにすれば、セフレにできる近道になるかもしれません。

SNSでネガティブ

SNSなどで、「かまってほしいアピール」をしてくる女性というのはセフレにできる可能性が高いです。こういう人はメンヘラに近く、自分を必要としてくれる異性を切実に求めているもの。ですから、誘えばカンタンにホテルまでついてきてくれる可能性も高いのです。日頃からSNSで友達を増やしておりこのようなメンヘラ気味の女性がいないかアンテナを張っておけば、セフレ候補をピックアップしやすいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ